不調をおして参加した引っ越しの手伝い

少々体調が悪かったものの、かねてよりお世話になっている方が引越しをするということなので、
気持ちをギュっと引き締めて、そのお手伝いに参加したことがあります。
当然、その方は「無理せず休んでくれてればよかったのに…」と、
私を気づかってもくれたのですが、私としてはこんな時でないと日頃の恩返しができないと思ったわけです。
不思議なもので、明らかに風邪気味だった身体も、荷物を抱えたり運んだりしているうちに
だんだんと当初の不調がまるでウソだったかのように上向き始め、
最終的には心身ともにすこぶる充実感にあふれて、滞りなく引越しをお手伝いすることができました。
病は気からとも言いますが、臆せず思い切って参加してみて本当に良かったなと今でも思っています。